本文へスキップ


CREATOR
company

和田康宏 Yasuhiro Wada
2005年 マーベラスインタラクティブ 代表取締役
2008年 マーベラスエンターテイメント 取締役CCO
2010年 グラスホッパー・マニファクチュアCOO

他に類をみないオリジナリティにこだわり数々のゲームソフトをプロデュース。
代表作である「牧場物語」シリーズではプロデュースだけでなく、原案とディレクションを手がけ、
当時は全くなかった戦いの無い田舎暮らしのゲームの世界を実現させ話題を呼んだ。
以来15年にわたりシリーズを育て上げ全世界で1000万本以上のセールスを記録。
海外にも多くのファンがいる。
2011年夏、コンテンツの新しい可能性を追求するべくトイボックスを設立。
ゲームに限らず、世界中の人達に末永く愛される「もの作り」を目指して活動中。


金沢十三男 Tomio Kanazawa
2005年 Rising Star Games / Senior Producer(英国)
2009年 マーベラスエンターテイメント 海外GM
2010年 Marvelous Entertainment USA 取締役

アドベンチャーゲームを中心に数々のゲームソフトをプロデュース。
1995年から始めた赤川次郎サウンドノベルシリーズでは、
自らの開発チーム「Team Craze」にて企画・脚本・ディレクションも手掛ける。
2005年より4年間、プロデューサーとして英国勤務、海外ゲームマーケットにも精通。
2010年、海外マーケットを見据え企画・プロデュースした「レッド・シーズ・プロファイル」
(海外原題:Deadly Premonition)が世界的なヒットとなり、熱狂的なファンの支持を受ける。
2011年秋より独立、人の心に残る作品作りをモットーに、新たなタイトルを手掛けている。